お酒を飲んだ後は、地下鉄の通路の白い蛍光灯が眩しい

私は、普段はあまりお酒を飲まないが、月に一度くらいは外食のときにお酒を飲んだりすることがあります。

お酒が飲めないわけではなくて、飲むときは飲んでしまうので自制しているんですよね。

外でお酒を飲むと、ただお酒を飲む分会計が高くなるだけではなく、お酒を飲むと混んでいる電車に乗るのが面倒くさく感じられたりするものです。

なので、家に帰るのにタクシーを使ったりしてしまうので、結果として飲酒することがかなり高くつくのです。

でも、先日は、お酒を飲んだ後、珍しく電車に乗って家に帰りました。

その日は、タクシー代がもったいないと思うくらいには酔っておらず、、それほど時間が遅くなかったのもあります。

それにしても、お酒を飲んでほろ酔い状態になっていると、地下鉄の駅の蛍光灯はずいぶん眩しく感じられるものだなと思いました。

白々しいほどの白い光が、なんだかお酒を飲んで酔っている自分を責めているように感じられてしまいました。アリシアクリニック顔脱毛